Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハイドロキノン トレチノインの正しい使い方・塗り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

紫外線が強くなっていますが、シミやくすみの原因は紫外線ですので、徹底した紫外線対策を行うようにしましょう。

日焼け止めは、一度塗っただけでは効果がありません。

ほとんどの方は朝一度日焼け止めを塗ったからと言って安心していると思いますが、実際は汗などで流れたりしますので、数時間おきに塗りなおさないと、効果がないのです。

洗濯物を干す時などでも油断しては行けません。日焼け止めを塗った後でも、帽子をかぶるなどの対策が必要です。

こういうように紫外線対策をしていても、いつの間にかシミやくすみができてしまっていることがあります。

このようにできてしまったシミにも効果があるのがハイドロキノンです。

スポンサーリンク

ハイドロキノンとトレチノイン

ハイドロキノンとトレチノインはシミを薄くする成分として知られていますが、それぞれ異なった効果を得ることができます。

シミとってもいくつか種類があり、正しい使い方をすることでより効果的に使うことができます。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンは強い漂白作用があり、皮膚科で処方されるクリームなどに配合されています。

シミのもとになるメラニン色素が作られるメラノサイトの働きを強力に抑えることが期待できます。

市販のシミを薄くするクリームなどにも配合されていますが、皮膚科で処方されるクリームなどよりも配合は少ないため、効果は皮膚科で処方されるものよりも期待はできません。

ハイドロキノンは正しく塗ることでより効果を発揮する成分です。

ハイドロキノンの正しい使い方

  1. パッチテストを行う。
  2. シミの部分にのみハイドロキノンを塗る。
  3. 必ず日焼け止めを使用すること。
パッチテストを行う

正しい塗り方は、刺激が強い成分なのでパッチテストを行ないます。

二の腕など目立たない部分に絆創膏などに少量塗って丸一日放置し、赤みや痒みがないかを確認します。

万が一パッチテストで赤くなる場合には顔に使うことは避け、濃度の低いタイプを使うことなどを検討します。

シミの部分にのみハイドロキノンを塗る。

塗る前に洗顔を丁寧に行い肌を清潔にし、洗顔後に化粧水などでスキンケアをして20分待ちます。

20分経ったら綿棒でクリームで少量とり、シミの範囲をはみでないようにして塗ります。

シミ以外の部分に塗ってしまうと白班が出来る可能性があるため注意が必要です。

必ず日焼け止めを使用すること。

クリームを塗った後は、必ず日焼け止めを塗ります。日焼け止めは必須で、屋外で運動する以外はSPF20〜30程度の日焼け止めを塗ります。

日光に敏感で水疱などができる場合があり、室内にいる場合にも紫外線は降り注いでいる可能性があるため注意します。

日焼け止めも3〜4時間経過したら塗り直すなど日焼け止め対策は万全にすることが大切です

キノンクリーム10%
 
  • 内容量:45g  原産国:日本 (薬局製)
  • 独自の技術でご家庭で使いやすく改良した、新型ハイドロキノン10%配合クリームです。
  • こちらは要冷蔵の製品です。
デルミサスキンフェイドクリーム

トレチノインとは?

トレチノインは表皮の深い層にあるメラニン色素を外に出してしまう働きを持っています。

トレチノインは表皮の細胞を活発に増殖させるために、表皮の細胞はどんどん押し上げられていきます。

皮膚の新陳代謝を促進させてシミの部分を短期間で皮膚ごと入れ替える効果が期待できます。

トレチノインは強力な作用があるため、塗ったところに皮膚炎を起こす可能性があるため、正しい使い方を知る必要があります。

トレチノインの正しい使い方

  1. ハイドロキノンを塗った後にシミの部分にピンポイントで使用する。
  2. 炎症をコントロールすること。
シミの部分にピンポイントで使用する。

正しい塗り方は、シミができている部分に少量使用しピンポイントで塗ることが大切で、紫外線を防止するために日焼け止めを塗ることも必要です。

炎症をコントロールすること。

ハイドロキノンを塗った後でトレチノインを使用していますので、炎症の範囲をシミ以外の部分に広げないようにします。

また、トレチノインを塗って炎症を起こした部分は炎症後色素沈着というシミのような黒ずみになることもあり、炎症をコントロールすることも効果的に利用するポイントです。

炎症後色素沈着を予防するにはハイドロキノンを使い、これらを使い既にできてしまったシミに直接アプローチして、新たなシミの発生を強力に予防する効果が期待できる治療法は、トレチノインハイドロキノン療法とも言われています。

シミを薄くする効果が期待できるハイドロキノンやトレチノインは、皮膚科など病院で処方されます。

個人輸入などで購入することもできますが、使い方を間違えるとシミを薄くするのとは逆にシミを作ることになってしまうため正しい使い方や塗り方を知る必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ハイドロキノン トレチノインの正しい使い方・塗り方
この記事をお届けした
ハイドロキノンを使ってシミ・くすみを早く浮き上がらせよう!!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!