一番気になる皮膚科でのトレチノインの使い方を完全チェック!!

トレチノイン トレチノイン

シミやくすみで悩んでいると、余計に気になってしまいます。

シミやくすみを薄くできる美白成分として、シミの漂白剤と言われる成分が”ハイドロキノン”です。

そのハイドロキノンと一緒に使うと、より効果的な成分が”トレチノイン”です。

しかし、ハイドロキノンやトレチノインを皮膚科で処方してもらうと、自由診療となりますので、それなりの金額がかかります。

 

そこで、自分で”ハイドロキノン”と”トレチノイン”をもちいたシミ治療を始める人も多いのではないでしょうか?

 

そういう私もその一人です。

トレチノインやハイドロキノンは効果が出ますが、それだけリスクもあります。

今日は、皮膚科でどの様にトレチノインが使われているかを調べてみました。

トレチノイン治療の参考にしてください。

 

スポンサーリンク

皮膚科でのトレチノインの使い方

何回もお話ししていることですが、トレチノインには守るべき点があります。

トレチノインの使用上の注意点

  • 冷蔵保存しましょう。
  • 購入してから3か月以内に使いましょう。
  • 必ず日焼け止めを使用しましょう。
  • 赤みなど我慢できないときは、日数を減らして調整しましょう。
  • 肌の耐性ができるので一定のお休み期間を設けましょう。
  • 妊娠中の人は使用しないようにしましょう。

トレチノインは皮膚のターンオーバーを促進して、新しい皮膚を再生させる作用があります。

そのために、ニキビやニキビ跡・しみ・色素沈着・小じわなどに肌トラブルに効果的です。

しかし、使用方法を間違うと、私みたいにシミが濃くなったり、あらたな肌トラブルの原因にもなりかねません。

 

トレチノインクリーム 副作用はどんなことがありますか?
トレチノインクリームの副作用について。私はトレチノインクリームとハイドロキノンクリームの使い方が間違っていたために、シミが薄く成るどころが濃くなってしまいました。夜のみの使用にする。日中に使う場合は日焼け止めを必ず使うことが大切です。

 

かならず、使用上の注意を守るようにしましょう。

冷蔵保存しましょう。

配合されている物質が安定していないことがあります。

とても酸化が早く冷蔵庫に入れていないとすぐに、茶色に変色してしまいます。

 

酸化したものを肌へ使うと、刺激となることが多いので、肌をきれいにするどころがかえって汚くしているようなものです。

皮膚科だと必要な本数を処方されると思いますが、自分でトレチノイン治療を行う場合は、必要な本数だけ購入するようにしましょう。

 

 

購入してから3か月以内に使い切りましょう。

トレチノインが劣化すると肌トラブルになる可能性もあります。

また、トレチノイン治療は1度で終わるのではなく、数回に周期を分けて治療していきます。

1周期目で残っていたトレチノインを使う人もいますが、できるだけ新しいトレチノインを使うようにしましょう。

 

必ず日焼け止めを使用しましょう。

日焼け止めは、朝一度塗ったらそれでおしまいという方が多いようですが、それでは紫外線対策には全くなっていません。

2~3時間おきに塗りなおすことが、日焼け止めの基本です。

これができないならトレチノイン治療は考え直したほうが良いかもしれません。

トレチノイン治療をしているなら、日焼け止めは必ず塗りなおしましょう。もちろん家の中にいるときでも日焼け止めは必要です。

年齢肌の日焼けどめはどんな基準で選べばいいですか?
年齢を重ねれば重ねるほど、日焼け止めが重要になってきます。若い頃は、日に焼けてもすぐもとのようになってたと思いますが、年齢を重ねると肌へのダメージが相当なものになっています。皆さんすでにご存知だと思いますが、シミの原因は紫外線です

 

赤みなど我慢できないときは、日数を減らして調整しましょう。

トレチノインを使っていくうちに、顔に赤みが出たり皮がむけていくことがあります。

これはトレチノインの持っている性質ですから、心配する必要はありません。

 

しばらくすると、新しい皮膚が生まれてきますので、安心できます。

しかし、赤みや皮剥けが我慢できないときは、治療の日数で調整するようにしましょう。

わかりやすく言うと、トレチノインを塗る日数を2日に一度にするとかというように、日数で使用頻度を少なくすることで調整していきます。

 

肌の耐性ができるので一定のお休み期間を設けましょう。

トレチノインは使い続けるうちに耐性ができます。

 

耐性(たいせい)とは、疾病の治療に用いられる医薬品などを反復して投与するうちに、投与されたヒトや動物が抵抗性を獲得して効力が低下していく現象のこと。 

https://ja.wikipedia.org/wiki/耐性_(薬理学)より引用

1~2ヶ月使用したら、1ヶ月のお休み期間を設けましょう。

 

妊娠中の人は使用しないようにしましょう。

トレンチノインに含まれるビタミンAは、多量摂取した場合に催奇形性の可能性があります。

妊娠中の人や可能性がある人は、使用しないようにしましょう。

 

これらは、何回も注意していますので必ず守るようにしましょう。

 

それでは皮膚科でどのようにトレンチノインが使われているかをお話しします。

 

 

皮膚科でのトレンチノインの使い方

朝のお手入れ

  1. 前夜のトレチノインを洗顔でしっかり落とします。
  2. ビタミンCローションや化粧水で充分に保湿します。
  3. シミの部分にハイドロキノンクリームを使います。
  4. 十分に肌に浸透したことを確認して、美容液→乳液→クリームを塗ります。
  5. 日焼け止めを塗り、メイクをします。

朝のお手入れではトレチノインは使いません。

朝もトレチノインを使うように勧める皮膚科もあるかと思いますが、初めのうちはトレチノインを使うのは夜だけが良いと思います。

夜のお手入れ

  1. メイクや汚れを落とし、洗顔料で洗顔します。
  2. ビタミンCローションや化粧水で充分に保湿をして、肌に浸透するまで待ちます。
  3. シミなどの気になる部分にトレチノインを綿棒などで少量取り薄く塗ります。
  4. 気になる部分よりも小さく薄く塗ることがポイントです。
  5. この後10分程度乾かします。
  6. トレンチノインが肌に浸透したら、ハイドロキノンをトレチノインを塗った部分より広めに白くならないように薄く伸ばしながら塗ります。
  7. 十分に肌に浸透したのを確認し、美容液→乳液→クリームを塗ります。

 

 

以上が皮膚科でのトレチノインの使い方です。

 

聖心美容皮膚科トレチノイン治療

まとめ

美容クリニックや美容皮膚科でトレチノインを処方してもらっても、初診後は自宅で治療薬(ハイドロキノンやトレチノイン)を塗るようになります。

美容皮膚科などを利用すると数グラムで1万円程度はかかってしまいます。1万円あるなら、通販でハイドロキノンとトレチノインを購入した場合は、4~5本くらい購入できるので、費用対効果を考えると、やはり通販を選んでしまいます。

 

ここが落とし穴で、注意点をきちんと守れる人は通販を利用しても、結果は表れると思いますが、管理できない人は医師の監督下で使用したほうが良いと思います。

ハイドロキノン通販は、オオサカ堂が信頼できます。
シミやくすみに効果的というスキンケアを使っても効果がありません。 ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われるほどの美白効果が高い成分です。ハイドロキノンを使ってシミを薄くしたいのですが、皮膚科では4万ほどかかるということです。人気の通販の大阪堂を利用したいのですが、信頼できますか?

 

 

タイトルとURLをコピーしました