ハイドロキノンクリームは、バストトップの美白にも使えますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

シミやくすみにハイドロキノンが効果的なことは女性なら誰もが知っています。というのも、これからできるであろう「シミ」にも、すでにできてしまった「シミ」にも効果的なのです。

このハイドロキノンは、シミの漂白剤と言われるほど美白効果が高いので、シミやくすみに悩む女性のスキンケア製品に配合されています。

女性にとって悩みはシミやくすみだけではありません。

膝やひじの黒ずみや乳首の黒ずみは大変気になることです。

このひじやひざ・乳首の黒ずみに効果があるものがハイドロキノンです。

今日は黒ずみにも効果があるハイドロキノンのお話をします。

スポンサーリンク

ハイドロキノンって?

ハイドロキノンは、もともとは写真の現像に使われていたもので、現像している人の手が白く綺麗になったことから美白効果が発見されたと言われています。

日本では2001年まで医療機関のドクターしかハイドロキノンを取り扱うことが出来ませんでした。

このようなことから、欧米では認知度が高いハイドロキノンが日本ではあまり知られることがなかった理由のひとつでもあります。

しかし、肌が白くなることが発見されてから白い肌にする美白成分としても使われるようになってきました。

相乗効果を高める使い方

シミやくすみ・黒ずみにはハイドロキノン単体で使っても効果がありますが、トレチノインと一緒に使用すると、さらに効果が高まります。

トレチノインは米国ではしわ・にきびの治療医薬品として、FDAに認可されており、非常に多くの方に皮膚の若返り薬として使用されています。

FDAとは米国の政府機関で「保健・福祉省」に属する。食品・薬品を中心に化粧品や玩具、タバコなど、消費者が接する機会の多い製品の認可や違反取締を行う。「アメリカ食品医薬品局」と訳される。 コトバンクより引用

しかし、日本では認可が下りていない成分になります。

そのため市販の化粧品には配合が禁止されており、トレチノイン自体やトレチノイン配合化粧品の入手には個人輸入が必要となります。

私は「シミ」を薄くするために個人輸入したことがあります。

美容皮膚科や美容クリニックなどにおいては、医師の判断による処方で入手は可能ですが、個人輸入の場合、特に濃度が濃いものを使うと、皮膚が驚いてビタミンA反応というのが現れます。これを抑えるためには濃度が薄いものを使うといいでしょう。

トレチノインクリーム 副作用はどんなことがありますか?
私は左の頬に目立つシミがありました。 そこで、ハイドロキノントレチノインを使ってシミを薄くしようと思いました。 というのも、美白作用...

バストトップが黒ずむ原因

バストトップが黒くなってしまう理由は、紫外線や外的刺激から真皮を守るために体内で生成されるメラニンが色素沈着を起こすためです。

バストトップは柔らかい部分ですから、とても色素沈着しやすい部分です。メラニンが作られる原因として、「加齢」「妊娠、出産によるホルモンバランスの変化」「授乳」などが考えられます。

女性に与えられた「妊娠、出産、授乳」などが、メラニンを生成する原因となっているということは仕方がないと割り切って、バストトップの黒ずみを解消していく方法を見てみましょう。

バストトップの黒ずみを解消するには?

バストトップの美白に効果的な成分には、ハイドロキノン、トレチノイン、ルミキシル、ビタミンC誘導体などがあります。

その中でもハイドロキノントトレチノインについてお話しします。

ハイドロキノンにはメラニン色素を作り出す酵素のチロシナーゼ活性化させにくくする作用と、すでにできたしまったメラニンを薄くする漂白作用と還元作用があります。

トレチノインは、肌の新陳代謝を促す成分です。言い換えるとターンオーバーが鈍っている肌のターンオーバーを活性化させるのですが、皮膚が剥がれ落ちたりすることがあります。また、赤くただれたようになることもあります。

ハイドロキノンとトレチノインの使い方

ハイドロキノンとトレチノインを使って乳首の黒ずみを薄くするには、使い方があります。

  1. ビタミンC誘導体などのローションを乳房全体に塗ります。
  2. ワセリンを乳輪の周りに沿って塗り、乳首以外に付かないようにします。
  3. 乳首と乳輪にトレイチンを綿棒で塗る。
  4. ハイドロキノンをトレチノインを塗った上に薄く塗っていきます。
  5. 良く乾かしたら終了です。

これを毎日2回、朝と夜の行うのが効果的です。

これらの方法でバストトップの黒ずみが解消され、バストが美白になっていきます。

トレチノインを使って赤みや皮がむけるなどのことは起こります。また、かゆみも現れますが、異常なかゆみや出血を伴うときは、反応が強く出ていますので、トレチノインの濃度を低いものに変更するなどの対応が必要です。

始めの2週間から6週間はハイドロキノンとトレチノインを使いましょう。その後4週間から8週間はハイドロキノンのみを使うようにしましょう。

まとめ

バストトップは皮膚が敏感な部分で、色素沈着がしやすい部分です。

美白に効果的な成分はハイドロキノンとトレチノインですが、効果が高い分使い方に注意が必要です。

今日お話しした方法で使っていくのもいいのですが、かゆみが出たり、赤くただれたるすることがあります。特に乳首はデリケートな部分ですから、痒さで乳首の部分が切れて出血することがあるかもしれません。

ハイドロキノンやトレチノインの作用が心配な方は、ハイドロキノンを使わずにデリケートゾーンや乳首の黒ずみに効果的な専用クリームを使ってみませんか?

医薬部外品で厚生労働省が認可した安心安全なクリームです。

薬用イビサクリーム

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ハイドロキノンクリームは、バストトップの美白にも使えますか?
この記事をお届けした
ハイドロキノンを使ってシミ・くすみを早く浮き上がらせよう!!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!