頬骨の茶色いシミは、薄くなりますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

仕事でずっと外回りばかりしていたら、頬骨の上に茶色いシミができていました。

シミがあるのとないのでは見た目年齢が全く違いますから、どうにかして薄くしたいと思いした。

そこで、シミについて調べてみると

  • いろいろな種類がある。
  • 原因が違うので対象方法も違う。

ということが分かりました。

顔のシミについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

茶色の色シミっていったい何が原因なの?

  • 紫外線
  • ターンオーバー
  • スキンケアでの摩擦

紫外線

私たちの肌は、紫外線を浴びるとメラニン色素が作られます。

メラニン色素は紫外線から肌を守るために作られるものですが、このメラニン色素が肌に沈着してしまうことでシミになってしまいます。

ターンオーバー

紫外線を浴びてできたメラニンは、下の図のようにターンオーバーでだんだん肌表面に押しあげられてとなって垢となって排出されます。

ターンオーバーは20代で約28日、30代で45日、40代で60日、50代で75日、60代で90日かかるといわれています。

健康な肌は絶えず、メラニンを生成し、絶えず剥がれ落ちているのですが、年齢を重ねるとこのターンオーバーが正常に働かないために、剥がれ落ちずにそのまま肌表面に残ってしまいます。

これが茶色のシミの原因となっています。

お手入れの時の摩擦

肌のお手入れをするときには顔を触りますが、洗顔の時にゴシゴシこするとか、化粧水をつけるときに掌でパンパンと叩いているとかしていませんか?

このようなことが、肌に摩擦を起こし肌内部で炎症が起きて、メラニンがたまり茶色のシミになってしまいます。

汗で流れにくいファンデーションや水に強いメイクをしている人は、クレンジングの時にどうしても強くこすってしまうことってありませんか?

こういう普段何気なく行っていることがシミの原因になっていることが多いようです。

対処法としては、洗顔の時は洗顔せっけんを十分泡立てて、指と顔の間に泡をクッションのようにして顔に指が当たらないようにしましょう。

「クレンジングがお肌のバリヤ機能を壊している。」 「オイルクレンジングはお肌に悪い。」 と耳にします。 私たちは、肌に負担をかけるクレンジングを使ってお肌をぼろぼろにしているのです。 クレンジングを使わなくてもいいように石けんだけで落ちるメイクを心がけましょう。

泡立てるのが苦手な人は、泡立てネットやマイクロバブルフォーマーを使ってみてはどうですか?

簡単に泡が作れます。

スポンサーリンク

紫外線のシミを薄くするには?

紫外線対策としては日焼け止めを使うことです。

日焼け止めは、朝一度塗ればいいのではなく汗などで落ちますので数時間おきに塗りなおす必要があります。

また、頭皮や眼球などには日焼け止めを塗ることが難しいので、最近では飲む日焼け止めを利用されている方もたくさんいらっしゃいます。

年齢を重ねるとお肌には、しみやくすみなどが増えてきます。悩みの元のシミやくすみに効果的な厚生労働省認可の美白成分をまとめました。今からでも遅くありません。輝く透明感のある肌を手に入れませんか?

年齢を重ねるとシミやくすみは本当に悩みの種です。 シミやくすみを薄くするために、美白用のスキンケアを使っている方も多いと思います。長期間使用しないと効果が実感できなかったり、「本当に効果があるの?」と感じている方も多いようです。そんな時はシミ用の内服薬を試してみてはいかがですか?

ターンオーバーを活性化させるには?

  • 睡眠時間
  • 代謝を活性化させる食事
  • ピーリング剤を利用する

睡眠時間

新陳代謝が活発に行われるのが睡眠中です。また、午後10時から午前2時までの時間はゴールデンタイムと言われ、成長ホルモンの分泌が最も多く分泌されます。

塗って寝るだけで、肌再生ができるという信じられないクリームがアテニア ミッドナイトモイスチャライザーです。年齢が高くなるほど使用後に肌再生を実感できている点や私の体験談で、翌朝すべすべを何十年ぶりに感じたこと、ファンデーションが薄くつくようになったことなどをお話ししています。

代謝を活性化させる食事

睡眠時間は最低7じかんとうようにしましょう。また、ターンオーバーを活性化させる肉や魚、卵や大豆などのたんぱく質や亜鉛をたくさん撮るようにしましょう。

亜鉛は食事としてとることはなかなか難しいと思います。亜鉛のサプリメントを利用するのも一つの方法です。

ピーリング剤を利用する。

ピーリング効果のある洗顔や肌に優しい作用のピーリングなどを利用して、肌の上にとどまっている老廃物を積極的に取り除くとすっきりします。

肌のくすみの原因には、加齢だけではなく他にも原因があります。 ・メラニンくすみ・乾燥くすみ・血行不良による青いくすみ・汚れくすみ・糖化による黄くすみ などがあります。

お手入れの時の摩擦を少なくする。

まだ若いころ、ブラシでつける頬紅を使っていたら、「シミになるよ。」と言われた時がありました。

その通りで、髪の毛がいつも当たっている部分がシミになったり、ニキビをつぶした跡がシミになったりすることがあります。

私も頬紅のブラシをスポンジに換えて使っていました。

このように普段からお顔に髪の毛の当たる部分やメイクの時のブラシが当たる部分などもう一度考える必要があると思います。

まとめ

頬骨の上の茶色のシミの対策方法をお話ししてきました。

今までのしのの原因と言われてきた紫外線と肌の摩擦が原因となっています。

一年中紫外線対策として日焼け止めを使うことと、洗顔の時に泡をたっぷり立てて洗うこと、髪の毛が肌に当たらないように日常生活の中で身の足をすることで茶色のシミがずいぶん薄くなると思います。

シミが少ない美しい肌を、日ごろのお手入れで取り戻しましょう。お手入れ次第でお肌は裏切りません。

頑張りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

頬骨の茶色いシミは、薄くなりますか?
この記事をお届けした
ハイドロキノンを使ってシミ・くすみを早く浮き上がらせよう!!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!