Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

皮膚科ですすめられるハイドロキノン化粧品は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

ハイドロキノンは海外では以前より多くの人に利用されてきた美白成分で、日本では薬事法の関係によって、ハイドロキノンは医療機関での処方箋がないと利用ができないことになっていました。

このようなことが日本であまり浸透してなかった理由でもあるのですが、薬事法の緩和によって今日では医療機関以外でも利用できるようになりました。

一般化粧品類にも使用されるようになりました。

スポンサーリンク

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンは、肌の漂白効果があると言われている成分です。

美白効果がある成分としては、ハイドロキノン以外にもプラセンタやビタミンCなどもあります。

これらはシミになる前には効果があるとしても、シミになってしまえば効果がありません。

つまり、これからできるであろうシミに効果を発揮している美白成分です。ということは、シミを予防する美白成分と言えます。ということは、できてしまったシミに関しては効果を発揮しません。

しかし、ハイドロキノンはシミの原因ともなるメラニン色素の産生を抑えるとともに、メラニン色素を作るメラノサイトと呼ばれる細胞を減少させることができます。

つまり、シミができる前にも、シミができてからでも効果を発揮する成分となります。

ハイドロキノンはさまざまな濃度の商品が販売されていますが、5%以上の濃度になれば発がん性の恐れもあると海外では言われていることから、4%までのものが主流です。

4%ではクリーム状になった商品が多く、気になる部分にポイント的に利用することになります。

美容液や化粧水としてもハイドロキノン化粧品は販売されており、この場合には1%から2%程度であることが一般的です。

皮膚科で処方されるハイドロキノンは?

ハイドロキノンは、今日の日本では皮膚科に行かなくても手に入れることができるようになりました。

皮膚科を利用するとなれば、シミは病気ではないことから自由診療となって保険を使うことができず、全額実費での支払いとなります。

さらに、病院でもあることから初診料や診察料などの費用もプラスされることになってしまいます。

同じ成分のものであれば予算を抑えて店頭で購入した方が安く上がることになるのですが、取り扱いを間違えれば消したかったシミが濃くなってしまうことにもなるので、安心して利用したいという人には相談しながら利用ができる皮膚科での処方が向いています。

皮膚科のハイドロキノン化粧品

皮膚科おすすめの化粧品というのは敏感肌用の化粧品が多いようです。

かならずと言っていいように設置されている化粧品がNOVです。NOVは敏感肌用のスキンケアです。

ハイドロキノンを化粧品から始めてみたいという場合には、皮膚科でもすすめられるような安全性の高いものを選ぶことが重要です。

どの様な化粧品がいいのかは先生に聞けば教えてくれるかもしれませんが、NOVのように皮膚科においてある化粧品で、ハイドロキノンが配合されているのは見たことがありません。

ハイドロキノン配合の化粧品は、ドクターズコスメでありますが、多少値段が高いようです。

信頼のできるメーカーから販売されていることや、濃度が濃すぎないこと、サンプルなどお試しをしてから利用ができれば安心です。

化粧品類になれば、よりハイドロキノンを肌に浸透させて効果を出せるような成分がプラスされていることもあり、他にもプラセンタやビタミンCなどの配合によって、これ以上シミの原因となるものを作らせないなどのハイドロキノン単体で利用する時には得ることができない効果も含まれていることがあります。

毎日きちんと手入れを行っておけば、ハイドロキノン化粧品は総合的な美肌にも役立つことになります。

ハイドロキノンと安定型ビタミンC誘導体配合

アンプルール ラグジュアリーホワイト

  • 高濃度スポット美容液 3g
  • 高浸透ホワイトローション20ml
  • 薬用美白美容液 8ml
  • 美容液ゲル 10g

アンプルールラグジュアリーホワイト1,890円

アンプルールのいい点

安定型ハイドロキノンで、他の美白成分の約100倍の美白効果。
肌のバリア機能を高める、α-リポ酸&クインテシンで、メラニンの生成を予防。
お顔全体の美白と、気になるシミをピンポイントでケアするスポットケア「点と面の美白」が実現。

皮膚科医として中目黒にある美容皮膚科クリニック「ウォブクリニック中目黒」総院長でありながら、「アンプルール」の研究開発も行い、テレビなど多方面で活躍されています。

ビタミンCとハイドロキノンを配合

ビー・グレン

紫外線ダメージに負けない透明感のある明るい肌へ導く「ホワイトケア プログラム」

rapture_20160531090639

  • クレイウォッシュ (15g)
  • QuSomeホワイトローション (20mL)
  • Cセラム (5mL)
  • QuSomeホワイトクリーム1.9 (5g)
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム (7g)

365日返金保証

ホワイトケアトライアルセット

医学博士 ブライアン・ケラー

ビー・グレンの浸透深度という発想で、肌の深部にまで化粧品の美容成分を届けるということを実現させた医学博士です。

まとめ

皮膚科で処方されるハイドロキノンは、濃度が4パーセント以下のクリームがほとんどです。

ハイドロキノン配合の化粧品は、ドクターズコスメが安心して使用できると思います。

ビー・グレンもアンプルールもトライアルセットがありますので、自分の肌に合うかを確認することができます。

また、ビー・グレンは365日返金保証がついていますので、安心ですね。

アンプルールラグジュアリーホワイト1,890円

ホワイトケアトライアルセット