Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラッグストアの市販品のハイドロキノンとトレチノイン 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

若いころは、わざわざ日焼け止めをつけていなくっても、日に焼けたと思ったら真っ赤になったかと思うとすぐ元の肌色に戻っていました。

そういうことを経験しているので、20代後半になっても朝一度日焼け止めを塗ると、一日中効果が継続すると考えて、塗り直しもしないままにいつの間にか日焼けをして、夏の終わりになると一段とシミが増えていったような気がしています。

年齢を重ねてしまうと日焼け止めだけでは心もとなくなってしまい、シミやくすみを目立たなくする美白成分配合のスキンケアを使ってみるようになります。しかし、美白成分だけではできてしまったシミを薄くすることは、長い時間が必要です。

そこで、肌の漂白剤と言われていてとても効果が高いといわれているハイドロキノンとトレチノインを使ってみるようにしました。

今日はドラッグストアで販売されているハイドロキノンとトレチノインについてお話しします。

スポンサーリンク

トレチノインって?

トレチノインは、ビタミンAの誘導体で角質を剥がす作用や皮膚細胞を増殖する作用などがあり、海外ではニキビ治療やシミ治療などに用いられてます。

色素沈着を始めとして、ニキビの痕にシミやそばかす等、気になる肌の悩みに応えてくれる存在です。

しかし、日本では今の所認可されていないので、医師による特別な処方は可能でも、市販品として購入することは困難です。

しかし、皮膚科でトレチノイン治療は受けることができます。もちろん自由診療となります。また個人輸入などでトレチノインを購入することもできます。

ハイドロキノンって?

ハイドロキノンは、肌の漂白作用のある塗り薬です。

ハイドロキノンも厚生労働省から美白成分として認可されていません。

なぜかというと、厚生労働省はハイドロキノンを2%以上化粧品へ配合することを認めていないからです。

濃度が高いハイドロキノンを使うと白斑や皮膚の炎症など肌トラブルの原因となることがあるからです。私たちが安全に使える濃度は2%以下ということです。

濃度によって副作用があるということは医師などの監督下ではとても効果が期待できる美白成分だということです。

ハイドロキノンはメラニンのもとになるチロシナーゼを直接攻撃してメラニンの数を減らしています。このように直接シミのもとに働きかけるので、美白効果は厚生労働省が認可している美白成分のアルブチンの100倍もあるのです。

ハイドロキノンで市販されているものはさっきもお話ししたように濃度が2%以下のもです。

ハイドロキノンの市販品

ネット通販で購入できるハイドロキノン製品については、

市販のハイドロキノンにはどんなものがありますか?
年齢を重ねた肌には、シミ・くすみはつきものです。 でも、きちんとしたお手入れでシミやくすみがない美しい肌を手にしてみたいと誰しも思っていま...

を参考にしてください。

ドラッグストアで購入できるハイドロキノン製品は、

ロート製薬のブライトニングナイトセラム

ハイドロキノンを含む具体的な市販品の一つに、ロート製薬のブライトニングナイトセラムを挙げることが出来ます。

夜間に使うのが特徴で、夜に塗ってから眠ると、睡眠中に有効成分が肌を美白に導いてくれます。

不安定なハイドロキノンをオバジ独自の技術で安定化させています。
高密着なバーム状製剤が、気になる部分にぴったりと密着します。夜の1点集中ブライトニングで、美白だけでなく、保湿効果も含まれていますから、これ一つで美しく潤いのある肌が目指せます。

トレチノインの処方を希望して諦めかけていても、代替のハイドロキノンが期待感を与えてくれるはずです。

これらの商品を知ると分るように、ロート製薬は美白商品に力を入れる企業で、市販品に含まれるハイドロキノンの知名度向上に貢献しています。

しかし、価格はやや高めなので、価格がネックだと感じたら、他のメーカーの商品にも注目してみることが大切です。

デルミサ スキンフェイドローション

  • クリニックでしか手に入らなかった純度99%ハイドロキノン配合
  • 8種類の植物エキスもたっぷり配合
  • ASP(ペンタペプチド-13)はメラニンの根本の生成をブロックし気になる部分をサポート
  • 肌に優しい無着色、無香料
  • 8種類の植物エキスでしっとり保湿

洗顔後に浸透密着するタイプで、量に対する価格の費用対効果も優れています。
使用感は一般的なローションと変わりませんから、普段のお手入れを行うつもりで、潤いと共に美白効果を与えることが出来ます。

アマゾンなどで気軽に購入することができたり、選びやすいという利点はあるので、初めて美白に興味を持った場合に最適です。

トレチノイン並の効果に期待したい時は、有効成分を中心に配合している、業務用の商品が選択肢に加わります。

旭研究所のハイドロキノン業務用

旭研究所のハイドロキノン業務用は、その名の通りプロが使用する商品で、研究にも使える程のグレードです。

市販品の中では、トレチノインに近い期待感が持てる有効成分の濃さですから、効果を最重視した上で、価格の安さも求めたい人に適しています。

気になる部分に塗るだけ!

知る人ぞ知る「旭研究所 業務用ハイドロキノン美容液」現品付きBOOK!

ハイドロキノンの原料自体は熱や光に弱い上、安定性が悪く非常に扱いづらい成分です。
品質保持を第一に、安定した状態でお届けするためにさまざまな工夫をこらし、開発されたハイドロキノンです。
従来専門機関への販売を中心にしてきましたが、2016年6月にネットショップやバラエティショップで一般販売を開始したところ、
発売直後から注目を集め、多くの店舗でたちまち完売。現在も生産がおいついていない状況です。

まとめ

今日紹介した製品は、使用する場合は夜の洗顔後がベストです。おやすみ前が理想的なタイミングだと考えられます。

ハイドロキノンは、塗って紫外線に当たると余計にシミが濃くなることがありますので、朝や日中に塗る場合はかならず日焼け止めを使用するようにしましょう。

後は毎日継続して半月以上、最低でも1ヶ月から3ヶ月は様子を見ながら、肌の状態を観察しつつ継続することがポイントとなります。

使用方法を誤らなければ必ず効果は表れますので、あきらめずに使い続けるようにしましょう。

ハイドロキノンの効果や副作用については、

ハイドロキノンの効果 ハイドロキノンで皮むけしちゃいました。
シミやくすみで悩んでいる人は、ハイドロキノンという名前は既に聞かれたことがあると思います。 ハイドロキノンは、美白に効果的な成分と言うこ...

を参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ドラッグストアの市販品のハイドロキノンとトレチノイン 
この記事をお届けした
ハイドロキノンを使ってシミ・くすみを早く浮き上がらせよう!!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!