Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハイドロキノンの使い方で、顔全体につけるってありですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

ハイドロキノンはシミの原因であるメラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラニン色素をつくる細胞(メラノサイト)そのものを減少させる成分です。

また、ハイドロキノンはトレチノインと一緒に使うとより効果を発揮します。

ところが、私たちが自宅でハイドロキノンやトレチノインを使う事は注意が必要です。

と言うのも、私もシミを薄くしたいと思いネットでハイドロキノン4%の配合クリームを注文しました。

使い方は読んだつもりだったのですが、

トレチノインを綿棒ではみ出さないようにシミの所に塗り、その後ハイドロキノンをトレチノインからはみ出すように塗りました。

翌日は仕事が休みだったので、

洗顔→化粧水→トレチノインをピンポイントでシミの部分に、ハイドロキノンを顔全体にうっすらとぬりました。

これで、お手入れを終わらせたのです。外出しないときは日焼け止めを使っていなかったのです。

日焼け止めを塗っていないことを忘れて、そのままベランダで洗濯物を干したのです。

その日の夜、洗顔をしてその時に気づいたのです。鼻の頭が真っ赤かに焼けているのです。それが一日外にいた訳ではなく、洗濯物を干した、ほんの5分から10分の間のことです。

数日たっても、赤く目立っていたのが、最近は色素沈着してしまいました。

そんなことを経験していますので、

  • かならず日焼け止めを使うこと。
  • トレチノインやハイドロキノンは夜しか使用しない。

を守って下さい。

ハイドロキノンやトレチノインは高価も高い反面リスクもたかいので、正しい使い方を守るようにしましょう。

スポンサーリンク

ハイドロキノンを顔全体に塗るプラスの点

  • 顔全体の美白ができる。
  • 顔全体のシミや色素沈着を薄くできる。

と言うことが考えられます。

より効果を求める場合には、トレチノインを同時に使うことをお勧めします。

最近の美容皮膚科の治療では、顔全体のくすみを薄くするために、ブレンダーを使ってトレチノインの濃度を薄めて使います。

トレチノインを薄める外用薬を「ブレンダー」といいますが、通常はハイドロキノンをブレンダーとして使います。

自分でハイドロキノンを持っているという方はトレチノインをハイドロキノンで薄めるといいのですが、ハイドロキノンがないという方や、ブレンダーを探している方には、[オバジ]ブレンダー(ハイドロキノン)がおすすめです。

初めての方は、トレチノインの濃度を薄いものから使っていきましょう。

顔全体に塗ると、色ムラもなくなり顔全体が同じトーンに揃ってきます。

ハイドロキノンを顔全体に塗るマイナス点

  • ハイドロキノンが合わない場合は顔全体が赤くなる場合がある。

1番気になるのはこの部分です。

ハイドロキノンはですので顔全体にするのが怖いと言われる方もいらっしゃると思います。

ハイドロキノンの配合量はお薬にきちんと明記してありますので、低い配合量から選ばれるといいと思います。

1%から3%のものを選ばれると肌にそんなに負担はないと言われています。

スポンサーリンク

ハイドロキノンを使う時の注意点

紫外線対策は万全にしましょう。

ハイドロキノンはとても酸化しやすいのです。酸化した商品を使うと赤みや炎症・ヒリヒリ感が出ることがあります。冷蔵庫にいれておくことをおすすめします。

必ずパッチテストを行ってから使うようにしましょう。

顔に塗布する前に、目立たない場所に塗ってみて、赤みやかぶれがでないか試してみてください。赤みやかぶれや痒みが出た場合は使用を中止して下さい。

好転反応だと思わないようにしましょう。

紫外線が禁物!

しっかり日焼け止めを塗り、万全の紫外線対策をするようにしましょう。

夜塗って、朝にちゃんと洗顔で落とすのがおすすめです。

ポイント:ハイドロキノンは夜しか塗らないようにしましょう。

高濃度配合のものは長期間塗らないようにしましょう。

長期間、同じ箇所に塗り続けたり、シミではないところに塗り続けたりすると、色素が抜けて白斑と呼ばれる状態になってしまうこともあります。

保湿はしっかりしましょう。

水分をしっかりお肌に与え、乾燥を防ぎましょう。

これらのことを自分でしっかり管理できる場合はハイドロキノンを利用しても構わないと思います。あくまでも自己責任になりますので、その点は注意して使うようにしましょう。

美白がしたいけれども自分でハイドロキノンを使うのは怖いと言う人はハイドロキノン配合の化粧品を使うようにしましょう。

トレチノインを顔全体にぬってニキビを利用する記事です。顔全体の美白にも役に立ちますので参考にしてください。

トレチノインをニキビに使うには、どんな点に注意したらいいですか?
トレチノインはシミだけでなく、ニキビにも効果があると言われています。 子供がニキビで顔が真っ赤になっているので、トレチノインのことを勉強し...

スポンサーリンク

ハイドロキノン配合の化粧品

これから紹介する3つの化粧品はハイドロキノンが配合されています。

ハイドロキノンを使ってシミが濃くなったらなどと、心配しながら塗るよりも、ハイドロキノンが配合されている化粧品をお顔全体に使うほうがいいと思います。

ハイドロキノンは合う合わないがありますから使おうと思った場合はまずは、お試しセットで確かめましょう。

アンプルール美白ケアトライアルキット

・化粧水 20ml  新安定型ハイドロキノン・アミノ酸、セラミドを配合
・高濃度スポット美容液 3g  新安定型ハイドロキノンを高配合 夜のみの使用
・薬用美白美容液  8g   アルブチン・新安定型ハイドロキノンを高配合
・高保湿美容乳液ゲル 10g  セラミドカプセル型ヒアルロン酸・ハイドロキノン
 誘導体

¥1,890(税込み)

アンプルール美白ケアトライアルキット

サンソリットフォースキンピールバーブラックスターターキット

・ミルククレンジング  3ml✕5  AHA、アスコルビルグルコシド配合
・スキンピールバーハイドロキノール 15g✕1 ハイドロキノン・角質ケア成分配合
・AHAローション    20ml✕1  拭きとり化粧水
・ホワイトローション  2ml✕5   透白成分、トータル美肌成分配合
・ミルクエマルジョン  2ml✕5 透白成分、トータル美肌成分配合

¥2,400(税抜)
スペシャルマスク付き¥2,600(税抜)

サンソリット【フォースキンピールバーブラック】スターターキット

ビーグレンQuSomeホワイト トライアルセット

・洗顔‥‥クレイウォッシュ(15g)
・化粧水…QuSomeローション(20ml) 
・美容液…QuSomeセラム(5ml) 
・美白クリーム…QuSomeホワイトクリーム1.9(5g) 
・エイジングクリーム…QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)
¥1,800(税抜)

ビーグレンQuSomeホワイト トライアルセット

まとめ

ハイドロキノンは効果が高い反面、肌への刺激も強いものです。

皮膚に赤味が出たり痒さが出た場合はすぐに使用を止めるようにしましょう。

ネットでは好転反応と書いているサイトもありますが、そのサイトをかいた人の肌とあなたの肌は違います。

大切な自分の肌です。いたわりながら美しい肌を手に入れていきましょうね。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ハイドロキノンの使い方で、顔全体につけるってありですか?
この記事をお届けした
ハイドロキノンを使ってシミ・くすみを早く浮き上がらせよう!!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!