ハイドロキノンの効果を確実にする正しい使い方と4つの注意点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

シミを薄くしたいと考えた場合に有効な成分として有名なのが、ハイドロキノンです。

誰でも一度は耳にされたことがあると思います。

ハイドロキノンには、ほかの美白成分にない2つの働きがあります。

  1. シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する働き
  2. メラニンの色自体も薄くしていく働き

があります。

1.は、今からできるであろうシミに効果があること。

2.は、すでにできてしまっているシミにも効果があること。

がお分かりいただけると思います。

このようにハイドロキノンは、シミの悩みを解消する為に実に有効な成分で、皮膚科のシミ治療にも使われています。

その為、高い効果を期待出来る成分として知られています。が、使い方によってはシミの悩みが解消しないだけでなく、シミが酷くなってしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

ハイドロキノンをどんなふうに使っていますか?

ハイドロキノンは皮膚科でも使われている程効果的ですが、使い方によってはシミの悩みが解消しないだけでなく、シミが酷くなってしまう可能性もあります。

ただ肌につければそれでシミが消えると考えるのではなく、正しい使い方を意識しておく事が大切です。

紫外線に注意

まず気をつけておかなければいけないのが、紫外線です。
肌は紫外線を浴びると、肌細胞を守る為に、メラニン色素を発生させる事になります。
このメラニン色素がそのまま定着すればシミへと変わっていきます。

ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑制する働きがありますが、紫外線を浴びてしまったのでは意味がありません。

ですから、晴れている日に外出する時は勿論、曇りの日や、外出をしなくても窓際で日光を浴びる事が多い状態の場合は、しっかりと紫外線対策をしておく事が重要になってきます。
紫外線対策をしっかりとしていなければ、シミが出来てしまう原因となります。

酸化しているハイドロキノンに注意

更に、使う時には成分の状態が安定した状態のハイドロキノンを使うという事が重要になってきます。
ハイドロキノンというのは、開封をすれば、そこから酸化が始まる事になります。
成分が酸化をしてしまっているのであれば、効果は殆ど期待できない状態となってしまいます。

酸化しているハイドロキノンは色が黄色くなっています。一度開封した物はできるだけ早く使うようにしましょう。

また、保存するときは冷暗所(冷蔵庫)に保存するようにしましょう。

使用期限に注意

薬や化粧品等、使用期限をあまり意識した事がないという人もいるでしょう。
そして、開封から時間が経っていても、問題なく使う事が出来ると考えてしまう人もいるでしょう。

ですが、酸化をした状態では、本来の働きをする事が出来なくなってしまう為、使っても意味がない状態となるだけでなく、場合によっては肌に悪い影響を与えてしまう可能性がないとは言い切れません。

ですから、使用期限はしっかりと守る事が重要になってきます。

使用量に関する注意

例えば、洗剤でも多く使うと余計に白くなると考えていませんか?

同じように使用量を多くすれば、それだけ早くシミが消える、綺麗な肌になると考える人もいますが、ハイドロキノンは薬事法が改正になる以前は医師の管理下の下でしか使用できませんでした。

それほど効果が高いものですから、余計に使って肌トラブルの原因となる可能性があります。

また、濃度が4%以上ものは処方箋がないと手に入れることができません。(個人輸入や通販は別です。)

薬としても使われている成分の為、副作用の可能性があります。

つけ過ぎて肌に負担をかける状態になれば、肌トラブルが発生してしまう可能性も出てきます。

ですから、つけ過ぎにならないように気をつけて使っていく事が重要になってきます。

使用を中止する決断

少しでも肌に異変を感じたら、使用を中止する事も大切です。

少しでも効果が表れていると実感できているときに、肌の異常があった時でも、シミに悩む女性ならば、ハイドロキノンの使用を継続したいと思うのはやまやまです。

自己判断になりますが、このようなときは2~3日様子を見るのがいいでしょう。

シミを消したいと考えている場合、多少、肌に悪い影響が出ても、シミが消えればと考え、使い続けてしまう人もいます。

ですが、肌自体に問題が発生したのでは意味がありません。

ですから、問題があれば使用をやめる事も大切です。

ハイドロキノンは高い効果を期待出来る成分として人気ですが、正しい使い方を心がける事がシミをより美しく薄くしてくれることでしょう。

まとめ

ハイドロキノンは、今あるシミにもこれからできるであろうシミにも効果的です。とても効果が高い成分ですが、それだけリスクもあります。

  • 紫外線対策を徹底すること。
  • 使用期限を守ること。
  • 使用量を守ること。
  • 肌に異常が現れた時は使用を中止する。

肌が赤くなったりかゆみが出たりすることがあります。その時は思い切って使用を中止する決断も大事です。

肌をいい状態にしておくことがハイドロキノンが効果を発揮できる土台となります。あきらめずに継続していくことがシミやくすみのない美しい肌を手に入れる条件となります。

頑張りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ハイドロキノンの効果を確実にする正しい使い方と4つの注意点
この記事をお届けした
ハイドロキノンを使ってシミ・くすみを早く浮き上がらせよう!!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!