Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハイドロキノンとアルブチンって同じ美白成分なのにどこが違うの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

昔から、「色が白いと七難隠す」と言われていたように、色が白い事が美人の条件と言われていた時があります。

「色が白いほうが美人に思える。」や「肌がとってもきれいな人は色が白い。」など色が白いと印象がいいように思われています。

私たちは、、美白成分が配合されているスキンケアを使ってシミやくすみがない美しい肌を目指しています。

今日は美白成分であるハイドロキノンとアルブチンの違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

アルブチンとは?

厚生労働省から認可された美白成分のひとつで、別名「ハイドロキノン誘導体」とも呼ばれています。

ハイドロキノン誘導体はハイドロキノンの安全性と安定性を高めたものになります。

1994年当時ハイドロキノンの使用が認められていなかったために、ハイドロキノンと似た物質をハイドロキノンにブドウ糖を混ぜ合わせてグリコが開発しました。これが、αアルブチン(合成アルブチン)です。

アルブチンには、αアルブチン(合成アルブチン)とβアルブチン(天然アルブチン)の2種類が存在します。

βアルブチンはツツジ科のハーブに含まれている天然成分です。

もともと化粧品に使われていたのは天然成分を使用しているβアルブチンのほうでした。

しかし、アルブチンの研究が進んでくると、αアルブチンのほうが肌への刺激もほとんどないということとメラニン生成を予防する効果がβアルブチンの10倍の効果があることから、現在ではαアルブチンを使うことが一般的となっています。

ハイドロキノンとの違いは、できてしまったシミには効果がありませんが、これからできるシミを予防する力を持っています。

もう若くないので、できるだけシミは増やしたくないし、薄くしていきたい。紫外線対策のスキンケアは、どんな美容成分が入っている製品を選べばいいのかご存知でしょうか? 紫外線を浴びてもシミの元のメラニンをできないようにする美容成分"アルブチン"の話をします。

ハイドロキノンとは?

肌の漂白剤ともいわれ、シミやくすみの原因になるメラノサイトの数を減少させていきますので、お肌のシミやくすみの部分に塗るとシミやくすみが徐々に薄くなっていきます

ハイドロキノンは、これからできるであろうシミにも、すでにできてしまったシミにも効果を発揮します。

ハイドロキノンは効果が高い分、副作用のリスクも高くなります。

ハイドロキノンは配合される濃度によって違いがあります。

2001年の薬事法改正により、化粧品にも配合できるようになりました。そのために簡単で気軽にハイドロキノンの利用が可能になったのです。

しかし、医療機関と同じ条件で利用できる訳はありませんので、美白成分化粧品で利用できるハイドロキノン濃度は2%以内というのが厚生労働省の推奨濃度です。

ハイドロキノンについて詳しくは、

ハイドロキノンって一体なに?
女性なら気になるシミやくすみですが、それを薄くしていくのがハイドロキノンです。 シミの原因は紫外線だと言われています。でも、紫外線に当たっ...

参考にしてください。

どんな時に使えばいいの?

ハイドロキノンはシミの予防とできてしまったシミにも効果がありますので、日常のスキンケアでハイドロキノンが配合されているスキンケアを使用すればいいです。

しかし、アルブチンは紫外線を浴びたときにシミを予防する成分なので、紫外線を浴びる前に使用するようにしましょう。

αアルブチン配合スキンケア

富士フィルム アスタリフトホワイト

美白成分としてビタミンC誘導体とαアルブチンを配合。

シミの骨にアプローチして、牛乳までも透明にしてしまいます。

アスタリフトにはトライアルセットがあります。

セット内容

  • 先行美容液 0.5g✕10包
  • 美白化粧水 20ml
  • 美白美容液 5ml
  • 美白クリーム5g

アスタリフトホワイト 美白トライアルキット 1,000円(税別)

富士フイルム独自の技術で美白有効成分をナノ化してスキンケアに配合。シミの原因であるメラニンの骨にきちんと届き、シミを分解していきます。

津あき続けるといつの間にかシミの輪郭が薄くなっていっているのに気が付くでしょう。鏡を見るのが楽しくなります。

グリコ gg(ジージー)

αアルブチンを開発したグリコのスキンケア。グリコと言えば知らない人はいないでしょう。

グリコーゲン等でも有名ですね。

独自成分の「EAPグリコーゲン」は、ナノサイズで角層まで浸透し、乾燥している肌に潤いを与えて美しい肌に導いてくれるのです。年齢肌の私たちにはとってもうれしいですね?

ggトライアルセット

アンプルール 薬用アクティブフォーミュラ

(薬用美白美容液 医薬部外品)

 

2014年モンドセレクション金賞受賞

しみになる前にメラニン生成を促すあらゆる原因にストップをかけます。

メラニン生成をパワフルに抑制するクレアニチン、カムカムエキスなどを配合し、夜だけでなく日中もシミの原因にアプローチする薬用美白美容液です。

たっぷりの潤いでお肌を整えながら、紫外線によるダメージもケア。くすみのないラグジュアリーホワイトな肌へと導きます。

40㎖ 8,000円(税抜き)

アンプルール「ラグジュアリーホワイト」トライアルセット

ラグジュアリーホワイトシリーズの4アイテム(6,500円相当)が入っています。

その中でも、「まるで、“シミの消しゴム”」と称される、アンプルール人気・実力No,1の美白美容液「ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110」も含まれているとってもお得な限定セットです。

ベストコスメ8冠のお墨付き

「新安定型ハイドロキノン」を高濃度で配合したスポットケア専用の夜用集中美容液です。
マイクロカプセル化された新安定型ハイド ロキノンが気になるガンコなシミを時間差で夜通し集中攻撃。
特殊ゲルがピタッと密着し、まるで見えない絆創膏のように沈着メラニンを封印します。

11g 10,000円(税抜き)

アンプルール トライアルセットはこちら

まとめ

ハイドロキノンとアルブチンの違いは、

ハイドロキノンでは刺激が強すぎて使用できなかった肌が弱い人でもアルブチンは使用することができます。

また、シミを予防する効果がありますので、紫外線を浴びる前に使用するといいですね。

アルブチンは朝のスキンケアにおすすめです。

一方ハイドロキノンは、

シミを予防することと、できてしまったシミを薄くしていく効果があります。このように効果が高い反面副作用のリスクも高くなります。

夜のスキンケアには、ハイドロキノン配合のスキンケアをお勧めします。

市販されている化粧品に配合されているハイドロキノンの濃度は厚生労働省が認可しているのは2%までです。

2%の濃度でトラブルが起こることはほとんどありませんので、安心して使用することができます。心配な方はパッチテストをしてくださいね。

紫外線は、いろいろな肌トラブルの原因です。美しい肌のためには、紫外線対策を徹底的に行うことです。

アルブチンが配合されているスキンケアで紫外線からお肌を守りましょう。

紫外線を浴びた肌は、ハイドロキノン配合のスキンケアでお手入れをしシミの原因となるものを肌に残さないようにしましょう。